人気のタトゥー除去方法、 色素レーザーってどんなもの?

せっかく入れたタトゥー、でも状況により除去しなくてはいけなくなってしまう事もありますよね。タトゥーの除去の方法はどんなものがあるの?と不安に思う方も多いと思うので、タトゥー除去について分かりやすくまとめてみたいと思います。

タトゥーを除去する方法

現在行われているタトゥー除去の方法で主なものを挙げていきたいと思います。

色素レーザー

色素レーザーは皮膚を切除せずにレーザーの光線を当て、タトゥーの色素を破壊していく方法です。皮膚を切除しなくて済むので人気があり、皮膚切除をした際の縫合跡なども残りません。しかし、色素レーザーは主に黒い色素に反応するため、黒の単色タトゥーには向いていますが、色を多く使っているタトゥーの場合には思ったような効果が得られない事もあります。

切除術

タトゥーが入っている部分の皮膚を切除し、皮膚を縫合する方法です。タトゥーが入っている部分の皮膚を切除してしまうのできれいにタトゥーが消えても、縫合跡が残る場合があります。また、縫合の際は皮膚が引っ張られるので、大きなタトゥーの場合は図柄を何分割かにパート分けして、順番に少しずつ切除して除去していくこともあります。

皮膚移植術

身体の他の部位から皮膚を採取し、タトゥーを切除した部分に移植する方法です。切除方では消しきれない大きさのタトゥーが入っている場合などに行われます。切除方では皮膚を引っ張って縫合していくため、大きなタトゥーでは皮膚を伸ばすのに限界があるからです。また、タトゥーの除去跡以外にも、移植する為の皮膚を採取した部分にも傷跡ができてしまいます。

皮膚を切除せずにタトゥーを消す事が出来る、人気の色素レーザー

やはり身体にメスを入れるのは怖いと感じる方も多いですよね。色素レーザーはメスを使わずにタトゥーを除去出来るので、精神的にも安心感があるかと思います。ですが、色素レーザーでのタトゥー除去は、色を沢山使っていると向かないという事などもあるので、切除術と色素レーザーを組み合わせて除去していく事もあります。また、最近ではピコレーザーと呼ばれる、色を使ったタトゥーにも対応出来るレーザーを扱うクリニックもあるので、気になる方はぜひ検討してみて下さい。

クリニックの先生と良く相談して、ご自身が納得が出来る方法でタトゥー除去に取り組めるといいですよね。どの方法にもメリット、デメリットがあると思うのでご自身でよく検討する事をおすすめします。